審査の甘い消費者金融を教えて欲しい

派遣フリーターで働いている32歳の男性です。消費者金融はときたま利用しています。が、この間、よく利用している消費者金融の審査で落とされたんです。だからもっと審査の甘い消費者金融を探しています。

ところで審査の甘い消費者金融って本当にあるのでしょうか?

審査の甘い消費者金融はありますよ!

審査の甘い消費者金融はは確かにあります。実は知名度の高い大手消費者金融の審査だって本当はそんなに厳しくないのですよ。融資条件となる継続した一定の安定収入があれば、たいていの人は審査に通ることができます。他方で、やや厳しめの審査をしている大手消費者金融もあるようですね。そのような消費者金融では、多重債務者や金融ブラックである場合は審査に落とされる確率が高くなると言ってよいでしょう。

では、“審査の甘い”基準について考えてみましょう。まず“審査の甘い”、という意味は、なにかしら問題を抱えているとしてもそれを考量した上で融資してくれるということになります。そして、その“なにかしらの問題”とは、先のような多重債務の問題があります。さらに言えば、過去に返済の遅延や滞納をしたり、自己破産や代位弁済、任意整理等の債務整理を経験したことも問題となります。

そして、そのようなケースでは、たぶん信用情報機関にブラックとして登録されていると考えられるので問題は非常に深刻です。ハッキリ言えば、先の多重債務のケースよりも金融ブラックの場合の方が、借り難いと言ってよいでしょう。恐らく金融ブラックだと、たいていの消費者金融では融資を断られると思われます。つまり、消費者金融としては、きちんと返済してくれる見込み無し!として審査に落とされる訳なのです。

他方、審査の甘い場合は、そのような多重債務者であっても金融ブラックであっても、審査に通してくれる可能性が高くなります。そして、そのような審査の甘い消費者金融は、中小の専業消費者金融や街金と言われる個人経営の小規模消費者金融に多いのです。たとえば、過去に金融事故を起こしていても“過去不問”というかたちで審査に申し込め、現在の年収状況と借り入れ状態を鑑みた上で融資してくれる消費者金融もあるのです。

その一方で、審査の甘い消費者金融にはデメリットもあります。それは審査が甘い代わりに、金利が高めであり融資額も比較的小口融資になることです。それでも貸してくれないよりはマシですよね!そして、そのような消費者金融でも正規の消費者金融ですから安心して利用できます。ただし、やけに審査が甘かったり、無審査同然で融資してくれるような消費者金融は、闇金や違法な消費者金融である場合は多いので注意が必要になります。

可決率100%?審査の甘い消費者金融は人それぞれに違う

「審査の甘い」「審査が緩い」といったように、カードローンの審査に甘さや緩さを求める人が多いのはなぜでしょうか。人それぞれ立場によって理由は様々でしょうし、それによってどのように立ち振る舞うかも変わってきます。ここでは、その中で2つの立場に注目して考えてみることにします。

最初に考えるのは、「初めての申込みで不安だから、審査は甘いところがいい」というもの。20代でまだお給料も少なく、勤続年数も1~2年程度だと、それだけで審査に通らないんじゃないかと不安になる。そのため審査が甘いという言葉に救いを求めたくなるのは当然といえます。しかし、実際にはそんなに審査への恐怖感を持つ必要はありません。いきなり100万円だ200万円だという借入希望を出すのなら話は別ですが、10~30万程度を限度額にしたカードローンであれば、多くの消費者金融から選ぶことができます。アルバイトやパート勤めでも、安定した収入と1年以上の勤続年数があれば、初めての借り入れで審査落ちすることは稀といってもいいくらいです。

初めての利用では、審査の甘さではなく、いかに審査を甘くしてもらえるかに重点を置きましょう。そのためには、申込書に書ける内容は全てウソや誤りのないように記入すること。書き間違いはともかく、ウソはかなりの高確率でバレることになりますし、いずれ2社目、3社目と申込みが必要になったときや、自動車ローンや住宅ローンも視野に入れたときに、過去のウソと今の状況のつじつまが合っていないと大変なことになってしまいます。将来のことを考えてもウソは絶対に書かないようにしましょう。「ウソがバレる=審査が厳しくなる」は常識でもあります。

もうひとつの立場は、「既に他社から借り入れをしているため、審査が甘いところを選びたい」というもの。こちらは年齢や年収、勤続歴の長さ、他社借入の件数や限度額の合計など、状況に合わせた申込み先を選択することが審査の甘さを引き出すコツになります。

気にかけたいのが、消費者金融は個人に対する貸し付けをその人の年収の1/3までしかできないこと。これは1社ごとに1/3ではなく、消費者金融を含む、業界の限度額の合計ですから、他社借り入れ限度額の合計が年収の1/3に近い状態までいっている方は、消費者金融からの借り入れは難しいと判断すべきです。ただし、銀行からの借り入れは含まれませんので、他社が銀行など金融機関の場合には、消費者金融でも十分に融資をしてもらえる可能性は残されています。

では、具体的にどういう点に注目すべきか。1つは申込書の他社借入欄に、銀行の借り入れを含めて書くか除いて書くかの指示があります。ここで含める方が審査は厳しいのは言うまでもないでしょう。業界に関係なく、借り入れ件数と金額が多いと判断されやすいわけですから、それだけでもハードルはかなりあがっています。

もう1つは、審査のときにどこの信用情報機関を利用しているかを把握することです。日本にある信用情報登録機関は3つありますが、それぞれ業界別に加盟している機関が異なっています。最近は1社で複数の機関に加盟しているところも少なくありませんが、消費者金融の中には1つの機関にしか登録していないところもまだ存在します。今、借りているところが加盟している機関の情報を利用しない消費者金融での審査は、その分だけ審査を甘くすることができますから、そこを慎重にチェックするのもひとつの作戦になるでしょう。

揉め事もお金で解決できる!笑

彼女と付き合っていれば何か問題が発生することもあります。たとえこっちが悪かったとしてもさすがにお金で解決というわけには行きません。そんなときに効果的なのはやはりプレゼント攻撃!なのではないですかね?

でも、急に彼女の逆鱗に触れてしまったときには懐事情がさびしいこともあります。そんなときに便利なのがキャッシング!懐事情に関係なく、お金がすぐに手に入ります。

簡単審査でインターネットで完結できて、即日、遅くても翌日には自分の口座にお金が振り込まれる、お金の使い道も自由!こんな便利で気の利いたサービスは他にはありません!三ヶ月に一回彼女と大喧嘩しても、これさえあれば慌てることなく乗り切れますよ!

すぐに申込みができました!

来年、初めての海外旅行に行くので、今はその準備に一生懸命です。旅行費用は確保していますが、お洋服とかスーツケースとかにも、随分お金がかかります。

初めてでよくわからなくって、折角買ったスーツケースが大き過ぎたりして、無駄な買い物も多いんです。なんだかお金が足りなくなってきちゃって、初めてカードローンのことを考えるようになりました。

サイトを見てみたら、わりと簡単に申し込めそうなんで、思い切って手続きをやってみたら、案外あっさりと申し込みできてしまいました。借りたお金が無駄にならないよう、今度はよく検討して買い物するようにします!

思ったより利息も少なくて安心

奥さんに内緒でパチンコやっちゃって、気付いたら今月の小遣い無くなっちゃったんですよ。慌ててカードローンを申し込みました。ケータイから申し込んだら、すぐに自分の口座へ振り込んでもらえたから助かりました。

普段は若干余裕があるから、なるべく早めに返そうと思ってます。心配してた利息も、シュミレーションしたら思ったより全然かからなくてホッとしましたよ。

ローンって言っても負担が少なくて気軽に出し入れできるのが魅力ですね。周りも結構利用してるのですが、そのワケがよく分かりました。これから僕も奥さんに内緒で活用しそうだな。