個人が銀行融資を受ける際の審査基準ってどのような審査があるの

個人が銀行融資を受ける際の審査基準ってどのような審査があるの

個人が銀行融資を受ける際の審査基準は厳しいなどよく聞くのですが、通常の金融機関の審査基準と比べてかなり厳しいのでしょうか。クレジットカード会社のキャッシングや金融機関の融資の審査にはこれまで通っています。また主にどういった点を重視されているのかも知りたいです。僕は28歳でキャッシング利用などありますが滞納はありません。

特に金融機関の審査基準とは変わりはないよ。

よく銀行からの融資と聞くと厳しいんじゃないかとか、どうせ通らないからとあきらめる人もいるけど、審査基準は他の金融機関と大差はないよ。基準としては、まず年齢だよね。やっぱり社会的な信用という点では20代よりは30代40代のほうが信用度は高いよね。年齢が高いほど家庭を持っていたり、キャリアなど守るものが多いから借金を踏み倒す可能性は年齢が高いほど低いよね。でも若いから信用されていないということではないよ。あくまで比べればって話ね。
次にこれも年齢と考え方は似ているんだけど、勤続年数の長さも長いほうがいいよね。すぐに会社辞めちゃう人だと思われると返済能力がないと判断されかねないからね。次に他の銀行や金融機関での借り入れ状況をチェックされます。ブラックリストに登録されているのは論外として、3ヶ月以上滞納しているなどは審査が通らないよ。十分注意してね。年収も高いほうが返済能力があるとされるので審査は当然通りやすいです。年収が少ない人や安定していない人にお金を貸すのは、誰だって本当に返ってくるのか不安ですよね。銀行からしてもおなじです。そして住居の形態なんかもみられますね。賃貸は逃げる可能性もあるので持ち家のほうが基準は高いですね。家だと資産としても認められるしね。また引っ越したばかりだと評価は低いんだよ。あと意外と自宅の固定電話の電話番号が必要なんだよね。携帯番号のみというのはかなり審査が厳しいよ。

このような基準をクリアすれば審査が通るので、こういった基準は通常の金融機関の審査基準と変わらないよね。ただし、住宅ローンとなると話は別。銀行独自の審査をそれぞれ行うので当然審査は厳しくなる。保証人なしでは借りれないし、担保も必要になってきますね。源泉徴収票などの書類も必要ですね。

一般的に厳しいとされる銀行融資の審査基準

お金を融資することを生業としているのは、主に銀行と消費者金融です。一見同じように見えて全く異なるこの貸金業を営む業者ですが、実はその基準が全く異なることを予め述べておく必要があります。一般的に銀行も消費者金融も借り入れ申込み後、融資の審査があります。

しかしながら、この審査基準は銀行と消費者金融では全く異なるのです。どちらがお金を借りやすいかといえば、消費者金融であることは明らかなことです。消費者金融業者は、できるだけ多くの顧客に対してお金を融資することを生業としています。できるだけ多くの顧客に対してお金を融資するために自ずと審査基準の緩和が行われています。お金を借りるためのハードルを低くすることによってより多くの顧客に対してお金を融資し、利息によって利潤を増やすことが出来る仕組みです。

他方、銀行というのはお金を融資することが主な仕事の一つです。ただ、消費者金融とは異なって融資のみならず預金も主な業務の一つとして行っています。そのために、お金は十分にあることからより良い条件でお金を融資することが可能なのです。

銀行融資は低金利でお金を融資するため、リクスを解することを目的として審査を厳しくしています。最短で数分で審査結果が分かる消費者金融とは異なり、銀行では審査に半年以上かけることも珍しくありません。審査の際に銀行は多くの書類提出を求めます。審査基準となるのは、借り入れを申し込む者の収入、職業、借金の有無などが審査対象となります。銀行はこれらの提出書類から何を見ているかというと信用です。収入が安定しており、さらに社会的地位があればそれだけ信用がある人物とみなされ、より好条件で融資を受けられるようになるのです。銀行は消費者金融とは異なり、最終的に元本までしっかりと回収することを見据えています。そのため、信用のある人に対してはより好条件でお金を融資することができるのが銀行融資です。