サラ金からの取り立て電話を着拒してもいいのでしょうか

サラ金からの取り立て電話を着拒してもいいのでしょうか

私の義理の父がサラ金で借金をしていたのですが、返済しないまま行方不明となりました。その後そのサラ金から私や兄の会社や自宅にまで執拗な取り立ての電話をしてくるようになっています。関係のない私達の生活が脅かされて、精神的にも参っています。そこでサラ金からの電話を着拒しようと考えているのですが、マズイでしょうか。その後のサラ金からの対応も予想ができず怖いです。

サラ金からの違法な取り立て電話は着拒しても問題ないです。

そのような取り立ては違法ですので、着信拒否をして大丈夫ですし、あなたやお兄さんなどご家族は今回の場合、関係がないので毅然とした態度で対応して問題ないです。特に今回のケースのように職場や自宅に執拗に生活に支障をきたすほど電話をかけるという催促の仕方は違法です。しかも借金を行った本人でない無関係の人に対して取り立てを行うのは異常です。まずは手間がかかりますが、会社の電話、そしてあなた方の携帯電話や固定電話の電話会社に手続きするなどし、着信の拒否を行って下さい。しかし電話番号を変えて再び執拗に連絡してくる可能性もありますので、その際はあなた方の電話番号を変更したり、弁護士や警察に相談してみるのも手でしょう。また、着信拒否をしたからといって罪悪感を感じる必要はありません。そのような取り立てを行うことは社会に認められておらず違法ですので、恐れることなく毅然とし対応して下さい。そこで関係がないのにお金を代わりに支払うなどしてしますとさらにエスカレートする恐れがありますので。

サラ金で借金が返済不能になったら着拒で取り立てを回避できるか

出費ばかりがどんどん増えていき、一方で収入は変わらないまま不自由な生活を送り続けている方も多いはずです。増税や社会保障費の増額によって家計はますます苦しくなる一方です。特にワカモノは資金が不足する場合が多いので、急な出費が必要になってしまった際に支出不能になってしまいがちです。そのような時には、銀行などから借金をする必要があるのですが、借金を簡単にはできないでしょう。そもそも銀行は信頼度がかなり高いですが、審査などが厳しいために収入に難がある場合には融資を拒否される場合があります。また、審査に通ったとしても保証人や担保が必要になったりと何かと面倒なことが多くあります。その面倒さを煩って、審査基準が低いサラ金に手をだしたりしてしまうことがあります。

そもそも、サラ金は消費者個人を対象とした金融機関であり、以前はこの対象者がサラリーマンが多かったためにこの名前が付いているのです。全ての業者が悪質な訳ではありません。優良な業者もたくさんあるのですが、中には法外な利子を請求してくる業者も存在します。明らかにおかしな利子であったとしても関係なく取り立てを行なうことも良くあるのです。一部の悪質な業者では審査基準を低くすることで客の心理に漬け込んでどんどん負債額を増やさせる場所もあります。しかし、どんなに優良な業者であったとしてもしっかりと期限内に一定の金額を収めらければ当然取り立てがくるのは当たり前です。もちろん、ヤミ金融みたいな暴力的なことをいきなりすることはありません。

しかしながら、着拒をしたところで逃れられるのかというと絶対にそんなことはありません。どれだけ着拒をしたとしても、業者は負債者の住所や家族関係などを全て把握しているわけですから、しっかりと回収できるように督促状を至る所に送りつけます。それでも返済に応じなかった場合には、家まで直接取り立てにくることもあるのです。ですので、携帯の着拒程度で簡単に夜逃げができると思っていたら痛い目に遭うでしょう。自分の安全を確保するためにも、しっかりと返済プランを立ててから借金をすべきです。